ゴッド 神々の凱旋 前兆ゲーム数解析!最大で何ゲーム?

スロット-ミリオンゴッド神々の凱旋
いまさらながら、ミリオンゴッド神々の凱旋の
前兆ゲーム数振り分けが判明しました。

いまだ現役稼働、
というかバリバリ動いてますね。

この記事は以下の3つの
前兆ゲーム数振り分けについて記載しています。

  1. 本前兆
  2. フェイク前兆
  3. ストック発動

演出や出目などであおってきて、
もう一枚もう一枚と追金を迫るゴッド。

この記事を読めば、
スパッとはやめられないかもしれませんが、
やめるひとつの判断要素とはなりますね。

それでは、ご覧ください。

Sponsored Link

通常時の前兆ゲーム数

この章では、本前兆とフェイク前兆の
ゲーム数振り分け
について書いていきますね。

本前兆・フェイク前兆のゲーム数は、
契機となる小役に応じて振り分けられます。

契機役別のゲーム数振り分けを
以下の表にまとめましたので、
ご覧ください。

■本前兆の契機別ゲーム数振り分け

前兆 ハズレ
下段黄7
上段青7 中段青7 左記以外
1G 0.10% 0.39% 0.20% 0.10%
2G 0.10% 0.39% 0.20% 0.10%
3G 0.10% 0.39% 0.20% 0.10%
4G 1.56% 25.00% 12.50% 3.13%
5G 0.10% 1.56% 0.20% 0.10%
6G 0.10% 1.56% 0.20% 0.10%
7G 0.10% 1.56% 0.20% 0.10%
8G 3.13% 39.45% 18.75% 6.25%
9G 0.78% 1.56% 1.56% 0.78%
10G 0.78% 1.56% 1.56% 0.78%
11G 0.78% 1.56% 1.56% 0.78%
12G 15.63% 25.00% 33.20% 18.75%
13G 1.56% 1.56% 1.56%
14G 1.56% 1.56% 1.56%
15G 1.56% 1.56% 1.56%
16G 27.54% 25.00% 27.54%
17G 1.56% 1.56%
18G 1.56% 0.78%
19G 1.56% 0.78%
20G 21.88% 18.75%
21G 0.78% 0.78%
22G 0.78% 0.78%
23G 0.78% 0.78%
24G 15.63% 12.50%
平均 17.0G 7.9G 11.2G 16.3G

■フェイク前兆のゲーム数振り分け

前兆 中段青7 右上がり黄7 中段黄7
4G以内 85.16% 82.03%
8G 6.25% 6.25% 18.75%
9G 3.13% 0.39% 3.13%
10G 3.13% 0.39% 3.13%
11G 0.39% 0.39% 3.13%
12G 0.39% 6.25% 12.50%
13G 0.39% 0.39% 3.13%
14G 0.39% 0.39% 3.13%
15G 0.39% 0.39% 3.13%
16G 0.39% 3.13% 50.00%
平均 4.8G 5.3G 13.3G

本前兆の最大ゲーム数は24G、
フェイク前兆は16Gです。

フェイク前兆は中段黄7を除くと、
ほとんど4G以内と短めです。

フェイク前兆と比べて、
本前兆はゲーム数が長くなっているので、
前兆が続くほど、本前兆の期待度が高くなりますね。

また、本前兆は4の倍数ゲーム数での
振り分けが厚くなっています。

レア役成立時にカウントしておけば、
レア役を重ねて引いた時に、
契機役を推測しやすくなりますね。

次の章では、ストック獲得時の
前兆振り分けについて書いていきますね。

Sponsored Link

ストック発動時の前兆振り分け

ストック保持時は、
まず2つのテーブルを
以下の表の通り抽選します。

ただし、GODや赤7、
AT中のシンボル獲得(上乗せ確定)時は、
必ず連荘Aのテーブルを選択します。

■前兆テーブル振り分け

前兆テーブル 振り分け
連チャンA 75.00%
連チャンB 25.00%

テーブル選択後は
以下の表を参照して、
前兆ゲーム数を決定します。

■ストック発動時の前兆ゲーム数振り分け/Gゾーン含む

前兆 連チャンA 連チャンB
即発動 6.25% 2.34%
1G 12.50% 3.13%
2G 25.00% 4.69%
3G 25.00% 4.69%
4G 31.25% 12.50%
5G
6G
7G
8G 6.25%
9G 1.56%
10G 1.56%
11G 1.56%
12G 12.50%
13G 1.56%
14G 1.56%
15G 1.56%
16G 15.63%
17G 3.91%
18G 0.39%
19G 0.39%
20G 3.13%
21G 0.20%
22G 0.20%
23G 0.20%
24G 3.13%
25G 0.20%
26G 0.20%
27G 0.20%
28G 3.13%
29G 0.39%
30G 0.39%
31G 0.39%
32G 12.50%

上記表の前兆ゲーム数は、
Gゾーンも含んでいます。

なので、連荘Aのテーブル選択時は、
GZONE中の告知確定です。

また、通常に戻ってからの
告知までの最大前兆ゲーム数は
28Gとなります。

ちなみに、ストックアリで
潜伏する確率を計算してみると約18%でした。

まとめ

いかがでしたか?

それでは最後にまとめますね。

■本前兆・フェイク前兆まとめ

  • 本前兆の最大ゲーム数は24G
  • フェイク前兆の最大ゲーム数は16G
  • フェイク前兆は短く、本前兆は長いため
    前兆が長いほど本前兆の期待度アップ
  • 当選から4の倍数のゲーム数で告知が発生しやすい

■ストック発動時の前兆まとめ

  • 通常になってからの最大前兆ゲーム数は28G
  • GOD・赤7、シンボル獲得のストック発動は
    必ずG‐ZONE中に告知が発生

契機役引いたり、
さわがしくなったりしてから24G数えておけば、
当否の判断は簡単になりますね。

ただ、やめていいかどうかの判断は、
内部モードが関係してくるので、
出目や演出で判断する必要があります。

モード示唆に関しては、
こちらにまとめてありますので、
よかったらご覧ください。
 ↓     ↓
ゴッド 神々の凱旋 モード示唆解析情報まとめ

また、ストックが潜伏したときは、
最大28Gと書いていますが、
あくまで告知までであって、
途中にも前兆演出は発生しています。

ハーデスは見切りづらかったんですが、
凱旋はストックあるときは、
わかりやすいです。

なので、もっと早くに
やめられると思いますね。

わたしは、一度でも継続すれば
出目や演出を見つつ慎重に
16Gぐらい様子見します。

単発の場合は、12~3Gぐらい
様子見てやめていますね。

参考までにどうぞ。

ミリオンゴッド神々の凱旋の、
まとめ記事はこちらです。
 ↓     ↓

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

相互RSS

このページの先頭へ