北斗の拳 修羅の国 朝一の恩恵・挙動は?リセット狙いは有効!?

hokuto-syuranokuni

北斗の拳 修羅の国篇の、
設定変更後の高確移行率が判明しました。

北斗シリーズといえば、
朝一リセット台で、転生の即前兆狙いや、
強敵の高確狙いが有名になりましたね。

この記事は、北斗の拳 修羅の国篇の、
設定変更後の恩恵や挙動、
リセット判別方法
について記載しています。

また、リセット狙いについても、
考察してみました。

果たして、修羅の国の
リセット狙いは有効なんでしょうか…?

それでは、一緒に見ていきましょう~♪

Sponsored Link

朝一の恩恵・挙動は?

ここから以下の順番で、解説していきます。

  1. 設定変更・据え置きの挙動は?
  2. 設定変更(リセット)の恩恵は?
  3. リセット判別方法は?
  4. リセット狙いは有効なの?

1.設定変更・据え置きの挙動は?

項目 設定変更
(リセット)
電源OFF・ON
(据え置き)
天井までのゲーム数 リセット 引き継ぐ
内部モード 再抽選 引き継ぐ
RT高確状態 リセット 引き継ぐ
ステージ ハンorヒョウステージ

簡単にまとめると、据え置きなら、
ステージ以外はすべて引き継ぐってことですね。

2.設定変更(リセット)の恩恵は?内部モード移行率解析!

設定 低確 通常 高確
1 56.25% 31.25% 12.50%
2 53.75% 31.25% 15.00%
3 42.50% 37.50% 20.00%
4 37.50% 37.50% 25.00%
5 25.00% 43.75% 31.25%
6 18.75% 43.75% 37.50%

高設定ほどモード移行率が、
優遇
されています。

高確スタートは、
設定1と6で3倍です。

朝一で何も引かずに、
高確スタートが確認できれば、
高設定の可能性が高くなります。

高確・前兆示唆は
こちらにまとめてあります。
 ↓     ↓
北斗の拳 修羅の国 高確示唆・前兆演出まとめ!見るべき8つのポイントとは?

設定1へ変更時の、
恩恵である高確移行率は12.5%です。

この恩恵を狙った、
リセット狙いの考察は、次の章で書きますね。

リセット判別方法は?

サミーの筐体なので、
リールのガックン判別が有効です。

ただし、店側で1ゲーム回せば、
簡単に対策できますので、
過信は禁物です。

▼ガックン動画はこちらです

それでは、次の章で、
リセット狙いは可能かどうかについて、
考察していきます。

Sponsored Link

4.リセット狙いは有効なの?

あくまでわたしの考察ですが、
結論から言いますとリセット狙いはできません。

リセット狙いができる、
と言われている強敵と本機の、
リセット後のモード移行を比較すると以下の通りです。

設定変更後のモード移行率(設定1)

モード 北斗 強敵 北斗 修羅の国
低確 24.61% 56.25%
通常 50.00% 31.25%
高確 25.00% 12.50%
前兆 0.39%

まず、重要な高確移行率を比較すると、
25%から12.5%(8台に1台)と、
半分になっています。

通常以上の割合で見ても、
強敵75%、修羅43.75%と
明らかに悪いです。

さらに、わずかながらあった
前兆への移行もなくなっています。

モード移行率で比較すると、
強敵よりも修羅の方が、
リセット狙いが不利
なのは確実です。

ただ、高確移行率が減ったとしても、
見抜きやすければ希望はあります。

しかし、わたしが実際に、
高確示唆の知識武装をして、
ガックンした修羅20台を10Gずつカニ歩いた結果…

…高確と判断できる台は、
残念ながらありませんでした(笑)

偶然、高確移行している台が
なかった可能性もありますが、
厳しいと感じましたね。

もし、リセット狙いを
やっている、もしくはやってみた、
という方おられましたら、感想をコメントにてお待ちしてます。

さいごに…

いかがでしたか?

個人的にリセット恩恵は、
かなり期待していたので、残念でした。

ただし、設定狙いでは
高確移行率の差は強敵よりも
顕著になっているので、使えそうです。

そのほかの設定判別・設定差の情報は、
こちらにまとめてありますので、
よかったら、合わせてお読みください。
 ↓      ↓
スロット北斗の拳 修羅の国 設定判別・設定差解析!確定パターンはコレ!

また、ボーナスでカウンターが
リセットされるので、
宵越しチャンスはありそうですね。

それでは、良い立ち回りを~♪

北斗の拳 修羅の国篇の記事は、
こちらに全てまとめてあります!
  ↓     ↓

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

相互RSS

このページの先頭へ