スロット北斗の拳 修羅の国 打ち方は?ヤメ時注意CBの出目はコレ!

hokuto-syuranokuni

この記事は「スロット北斗の拳 修羅の国編」の
打ち方の情報を記載しています。

今作はかなり打ち方がシンプルになり、
目押しが必要な回数がだいぶ減っていますね。

また、新しくCBが搭載されているんです。

とりこぼすと痛いので、
出目は必ずチェックしておきましょう♪

さらに、中段チェリーを含む
小役の期待度
や、新しくなった
北斗カウンターのシステムについても説明しています。

ぜひ、この記事を読んで、
北斗の拳をアツく打ちましょう~!

それでは、ご覧ください。

■更新情報

  • RT突入リプレイについて追記しました。

Sponsored Link

リール配列・打ち方手順

hokuto-syura-reel

中押し・打ち方手順!小役判別は?

■左リールに代用絵柄が存在

左リールのみスイカとチェリーの、
代用絵柄があり、これがあることによって、
目押しは中リールのみでOKとなります。

左リールの代用絵柄は、以下の2つです。

  • 北斗BAR=スイカ
  • 赤7=チェリー

■中押し手順

  1. 中リールに赤7を狙う
  2. 右リール適当打ち
  3. 左リール適当打ち

■小役判別

  • 中リール中段赤7停止
    • 中右リールリプレイ非テンパイ…中段チェリーor角チェリー
  • 中段ベル停止
    • 中段ベルテンパイハズレ…弱チャンス目B
  • 中段スイカ停止
    • 斜めスイカ揃い…弱スイカ
    • 平行スイカ揃い…強スイカ
  • 中段リプレイ停止
    • 右上がりリプレイテンパイハズレ…弱チャンス目A
    • 右リール下段スイカ停止…強チャンス目
    • 右上がりべ・べ・チェ揃い…CB

■50枚あたりの回転数

約37G


CB見逃しに注意!

本機はCBが存在し、
CB成立ゲームの次ゲームは
必ず13枚役が揃います。

CBの出目は、
右上がりベル・ベル・チェリー揃いです。

等価で約200円の損となるので、
ヤメるときは必ずチェックしておきましょう。

また、ハイエナチェックポイントでもありますね(笑)

通常時にリプレイ高確状態あり!出目は?

本機は、通常時にも
リプレイ高確状態(以下RT略)に突入。

突入契機はRT突入リプレイ成立で、
出目は右下がりリプレイ揃いです。

RT移行後は、中段平行リプレイ揃いの
一部でRTが転落します。

本機はRT中などの滞在状態で、
小役確率が変動しています。

小役確率の詳細な内容は、
こちらに記載していますので、
参考にしてくださいね。
 ↓     ↓
北斗の拳 修羅の国 小役確率解析!カウントはマイスロ必須!?

Sponsored Link

小役の期待度は?中段チェリーは〇%でART当選!?

レア小役は以下の2つの抽選を行っています。

  • モードアップ抽選
  • ART(前兆移行)抽選

それぞれの期待度は以下の表の通りです。

期待度 モードアップ ART抽選
強チャンス目 中段チェリー
強スイカ 強チャンス目
中段チェリー 強スイカ
弱スイカ 弱チャンス目
弱チャンス目 弱スイカ
角チェリー 角チェリー

内部モードは、
低確/通常/高確/前兆の4種類で
前兆に移行すれば、ART当選確定となります。

中段チェリーのART期待度は、
最低のモードでも約25%となっています。

内部モードの、詳しい内容は
こちらに記載していいます。
 ↓     ↓
北斗の拳 修羅の国 内部モード移行率解析!弱スイカ後の挙動は要注目!

強敵でも思ったんですが、
最近の北斗は、ジャグラーのような、
無難にわかりやすい機種を出してきてますね。

真・北斗カウンターでもモード移行抽選!

hokuto-syura-counter

筐体リール下に画像の、
北斗カウンターがあります。

3つのカウンターは、
それぞれ小役に対応していて、
対応役を引くと点灯し32Gのカウントダウンを始めます。

対応役は、以下の通りです。

  • 緑⇒弱スイカor強スイカ
  • 赤⇒中段チェリー
  • 紫⇒強チャンス目

ここまではお馴染みなんですが、
新しくなったのは、重ね引きです。

作動しているカウンターと、
同一の小役を引くと、カウンターのランクがアップします。

このランクが最大まで上がれば、
高確濃厚
となる模様!

ランクの段階はそれぞれ違い、
強チェリー・強チャンス目は2段階
スイカは4段階
となっています。
(強スイカは2段階アップ)

最大にあがれば、
カウンターの枠が赤く発光するので、
一目でわかるようになっていますよ。

北斗の拳 修羅の国篇の記事は、
こちらにまとめてあります!
  ↓     ↓

Sponsored Link

おすすめ記事

コメントを残す

サブコンテンツ

相互RSS

このページの先頭へ